Uduの皮(魚皮)はり

さて、今回の作品に2個のUdu((ウデュ)を制作したのですが一つはまだ完成していませんでした、というのが皮を張っていません、「屋久島の首折サバ」の皮を準備していたのですが打面サイズを大きくしてしまったため急遽準備したのが「鯛」、なかなか面白い音になりました。

釉薬もかけてるところかけていないところでこすると音が違うのがねらいです。

展示も部屋を遮光し、障子に浮かぶ丸窓を見つめて曲を聴いてもらう展示とし、もとの客室とは違う雰囲気になったとおもいます。

写真 3 写真 2 写真 1  IMG_0177 IMG_0176IMG_0170 IMG_1085

before

IMG_0178

after

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。